がん検診のご紹介│大阪市東住吉区の東和病院

  • 文字サイズ:
    • 標準
06-6621-2211電話をかける

〒546-0031 大阪市東住吉区田辺4丁目13番15号

  1. 通院が困難な方へ
  2. 最近、検査を
    受けていない方へ
  1. 医療関係者
    介護事業所の方へ
  2. よくあるご質問

検診Examination

画期的ながん検診│採血だけでがんがわかるAICS

わずか5c.c.の採血だけでがんがわかります。当院では最先端のがん検診を大学発のベンチャー企業と連携でおこなっています。わかるのは胃がん、大腸がん、胆のうがん、膵がんの4種類です。最先端の技術なので保険はききませんがリーズナブルなお値段でご提供します。

マイクロアレイ血液検査

最近のマイクロアレイ血液検査の研究開発により、がん(胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん)の90%は血液検査のみでわかります。マイクロアレイとは生き物が病気になったり、病気が治ったりする時に血液に出てくる特別な物質です。これを検出することでがんがわかる時代になりました。東和病院は大学発のベンチャー企業と連携してがんの検診をはじめました。この検査は胃カメラ、大腸カメラ、X線CT、エコーのような検査をせずにわずか5c.c.の血液を採血するだけで4種類のがんを診断できます。その正確さは90%です。

アミノ酸の分析によるがんの検診

血液をとってアミノ酸の分析をするだけでがんの可能性がわかる アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS) 私たちの血液中には様々なアミノ酸があり、それぞれ一定に保たれていますが、がんにかかるとアミノ酸の分布が変わってきます。そのアミノ酸の変化を測ってがんにかかっている可能性を検査する新しい方法です。アミノインデックスとして数字で0.0から10.0までの数字でお知らせします。数字が高いほどがんである可能性が高くなります。検査をする対象は男性で胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、女性で胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんについての可能性を数字でお知らせします。

大腸CTFlow

大腸の5mm以上の大きさの大腸ポリープが検出できます。もちろん大腸がんもわかります。大腸カメラに比べて前処置も検査もずっと楽で、5分程度で終わります。日帰り検査も可能です。検査は大腸がんやポリープの疑いがあれば、保険が適応できます。

肺癌CTFlow

肺がんは今のところ、血液検査でわからないがんですが、当院の高性能CTでは肺がんの検出と肺がんになるリスクもわかります。肺がんや肺の病気の可能性があれば保険が適応できます。

乳がん検査(エコー)Flow

乳がん検査のひとつとしてマンモグラフィーがありますが、被爆と痛みを避けるためにエコー検査をお勧めします。特に若い女性の場合はエコーの方が適しています。この検査では乳がんの有無だけでなく将来の乳がんのリスクをお知らせします。

遺伝子検査によるがん検診Flow

最近になって遺伝子によってはがんにかかりやすいということが判明してきました。特に最近、話題になっている乳がん、卵巣がんの遺伝子があります。当院では前神戸大学医学部のゲノム医学教授が遺伝子検査を行い、診断とカウンセリングを行います。

健康診断・人間ドックのご案内

〒546-0031
大阪府大阪市東住吉区田辺4丁目13番15号

TEL:06-6621-2211 FAX:06-6621-0890

診療時間Consultation Hour

午前診療
月~土曜 9:00~12:00
午後診療
月~土曜 14:00~16:00
夜間診療
月~金曜 17:00~19:30

※診療科により異なります。
 外来案内をご覧下さい

ページ上部へ戻る
Copyright © 2017 Towa Hospital All Rights Reserved.